TOP  Yuma's Class 《Lessons》new   YUMA“ISM”  Personal Datanew


Profile

瀬川 由馬

 瀬 川 由 馬 (せがわ  ゆうま)

1979年9月13日生まれ。3歳よりピアノを始める。
9歳より桐朋学園大学講師である木村徹氏に師事し、より専門的な音楽教育を受けるようになる。
その後桐朋学園大学音楽学部付属 子供のための音楽教室にて楽典・ソルフェージュ等を学ぶ。
東京都立両国高校在籍中、ソロリサイタルを開催。R.シューマン作曲「クライスレリアーナ」を演奏し好評を博す。
1998年桐朋学園音楽学部演奏学科ピアノ専攻入学。
入学後はピアノソロだけではなく、声楽の伴奏、ヴァイオリンとのデュオ等、より活動の幅を広げていく。
2001年第9回多摩フレッシュ音楽コンクールピアノ部門第2位。
同コンクール2次予選にて、ベートーヴェン作曲ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」全楽章を演奏し、大きな注目を集めた。
2002年同大学卒業。卒業後短期的に村上弦一郎氏に師事。室内楽にも重点を置くようになる。
2003年3月 ワルシャワ・ショパンアカデミー春期セミナーに参加。ショパンの生家「ジェラゾヴァ・ヴォラ」にて演奏。
同年5月 ヴァイオリニスト、吉川朝子氏とのデュオリサイタル開催。
同年9月よりポーランド・ワルシャワに移住し、10月より国立ショパンアカデミー研究科に在籍。現代作曲家でピアニストのAndrzej Dutkiewicz氏に師事する。
2004年 ポーランド・アントニンにおける第14回外国人留学生のためのピアノコンクールにてグランプリを獲得。その後ポーランド各地でリサイタルを開き好評を博す。
同年10月より世界的ピアニストであるKrzysztof Jabłoński氏(第11回ショパン国際ピアノコンクール第3位)に師事。
2005年ショパンアカデミー研究科を最優秀の成績で修了。
その後ショパン音楽の世界的権威でもあるRegina Smendzianka氏にも師事する。
2006年8月より東京に拠点を移す。2008年 第3回東京芸術センター記念ピアノコンクール入選・感動賞受賞。
第23回日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞受賞。
2015年には尾崎晋也指揮、ルーマニア国立ディヌ・リパッティ交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番を演奏し、好評を博した。




さらにプライヴェートな情報はPersonal Datanew



TOP  Yuma's Class 《Lessons》new   YUMA“ISM”